『平等に』 世界エイズデー2022(UNAIDS)

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに世界エイズデー2022のキャンペーンページが開設されました。今年のテーマは「Equalize(平等に)」です。
《不平等に終止符を打ち、エイズ終結を実現するために、効果が実証されている具体的なアクションを私たちすべてに求めています》
ただし、キャンペーン自体の『行動』はSNS中心です。

平等に 世界エイズデー2022
https://www.unaids.org/en/2022-world-aids-day
エイズパンデミックを長引かせている不平等は回避不能なものではありません。打ち倒せるのです。12月1日の世界エイズデーにあたり、私たち一人一人がエイズ終結を妨げる不平等と闘うよう、UNAIDSは呼びかけています。
「Equalize(平等に)」のスローガンは行動を促すものです。不平等に終止符を打ち、エイズ終結を実現するために、効果が実証されている具体的なアクションを私たちすべてに求めています。
HIVの治療・検査・予防のサービスを誰もが受けられるようにするため、サービスの利用可能性も質も適合性も高めていきましょう。
HIV陽性者、キーポピュレーション、社会的に弱い立場の人たちがスティグマや排除と闘い、誰もが尊重され、歓迎されるようにするため、法律・政策とその執行について改革を進めましょう。
コミュニティ間の格差、国際的な南北の格差を解消するため、HIVに対する科学的な成果を平等に利用できるようテクノロジーの共有を進めましょう。
それぞれのコミュニティが「平等に」というメッセージを利用し、自ら直面している不平等に焦点を当てて必要な行動を強く求めることができるのです。
HIV対策に関し、UNAIDSが世界中から集めたデータによると、COVID-19その他の世界的な危機状況のもとで、HIVパンデミック対策は妨げられ、資金は縮小し、何百万人もの命が危険にさらされる事態を招いています。
40年に及ぶHIV対策の歴史を経てもなお、検査、治療、コンドームといった最も基本的なサービスにさえ、不平等が依然として存在しています。新しい技術についてはなおさらです。
アフリカの若い女性は依然、HIV の影響を極端に大きく受けており、女性向けのプログラムの普及度はあまりにも低すぎます。アフリカの中でも流行による影響が大きい19カ国で、思春期の少女と若い女性を対象としたコンビネーション予防プログラムが実施されているのは、HIV 感染率の高い地域の40%でしかありません。
ゲイ男性など男性とセックスをする男性、トランスジェンダーの人たち、薬物使用者、セックスワーカー、受刑者といったキーポピュレーションのうち、定期的に予防手段を利用できる人は3分の1にとどまっています。キーポピュレーションは犯罪化や差別、スティグマなど大きな法的障壁に直面しているのです。
グローバルヘルスの脅威としてのエイズ終結の達成目標年である2030年までは、あと 8 年しかありません。経済的、社会的、文化的、法的な不平等の解消は緊急課題です。パンデミック時には、不平等がすべての人が危機に追い込みます。エイズ終結は、流行の拡大要因となる不平等に取り組まなければ達成できません。世界の指導者たちは、勇気をもってリーダーシップの責任を果たす必要があります。そして、私たちもすべて、あらゆる場所で不平等と闘うためにできる限りのことをしなければならないのです。
世界エイズデーに向けたキャンペーン活動は11月中、続けられ、11月下旬には世界エイズデー報告書が発表される予定です。
世界エイズデー当日の12月1日には、世界各地でイベントが行われます。キャンペーン活動は公的機関だけが行うわけではありません。最も大切なのはコミュニティ主導の活動です。ソーシャルメディアでたくさんのグループが共有した写真やビデオをUNAIDSが収集します。その投稿を通じて、多くの人が万華鏡を見るように、いま世界で起きていることを知り、決意と希望に触発されるでしょう。
「エイズを永続させている不平等に終止符を打ちましょう。それができれば、エイズ終結も可能です。不平等と闘うことで私たち全員が恩恵を受ける。今年の世界エイズデーはそのメッセージを共有しましょう。すべての人が参加してください」とUNAIDSのウィニー・ビヤニマ事務局長は語っています。「みんなの安全を保ち、健康を守るには、平等の実現が必要です」
キャンペーンの資料は11月にUNAIDS公式サイトの世界エイズデー特設ページで共有されます。
https://www.unaids.org/en/2022-world-aids-day





EQUALIZE - WORLD AIDS DAY 2022
The inequalities which perpetuate the AIDS pandemic are not inevitable; we can tackle them. This World AIDS Day, 1 December, UNAIDS is urging each of us to address the inequalities which are holding back progress in ending AIDS.
The “Equalize” slogan is a call to action. It is a prompt for all of us to work for the proven practical actions needed to address inequalities and help end AIDS. These include:
Increase availability, quality and suitability of services, for HIV treatment, testing and prevention, so that everyone is well-served.
Reform laws, policies and practices to tackle the stigma and exclusion faced by people living with HIV and by key and marginalised populations, so that everyone is shown respect and is welcomed.
Ensure the sharing of technology to enable equal access to the best HIV science, between communities and between the Global South and North.
Communities will be able to make use of and adapt the “Equalize” message to highlight the particular inequalities they face and to press for the actions needed to address them.
Data from UNAIDS on the global HIV response reveals that during the last two years of COVID-19 and other global crises, progress against the HIV pandemic has faltered, resources have shrunk, and millions of lives are at risk as a result. 
Four decades into the HIV response, inequalities still persist for the most basic services like testing, treatment, and condoms, and even more so for new technologies.
Young women in Africa remain disproportionately affected by HIV, while coverage of dedicated programmes for them remains too low. In 19 high-burden countries in Africa, dedicated combination prevention programmes for adolescent girls and young women are operating in only 40% of the high HIV incidence locations.
Only a third of people in key populations— including gay men and other men who have sex with men, transgender people, people who use drugs, sex workers, and prisoners—have regular prevention access. Key populations face major legal barriers including criminalisation, discrimination and stigma.
We have only eight years left before the 2030 goal of ending AIDS as a global health threat. Economic, social, cultural and legal inequalities must be addressed as a matter of urgency. In a pandemic, inequalities exacerbate the dangers for everyone. Indeed, the end of AIDS can only be achieved if we tackle the inequalities which drive it. World leaders need to act with bold and accountable leadership. And all of us, everywhere, must do all we can to help tackle inequalities too.
Activities will build up to World AIDS Day from November. The World AIDS Day report will be released in late November.
On World AIDS Day on 1st December, events will take place across the world. These activities will be led not only by official bodies but also, most importantly, by communities. Through photos and videos shared by groups on social media and aggregated by UNAIDS, people will be able to have a sense of the kaleidoscope of events taking place and be inspired by the determination and hope.
“We can end AIDS – if we end the inequalities which perpetuate it. This World AIDS Day we need everyone to get involved in sharing the message that we will all benefit when we tackle inequalities,” says UNAIDS Executive Director Winnie Byanyima. “To keep everyone safe, to protect everyone’s health, we need to Equalize.”
Adaptable materials for World AIDS Day will be shared on the UNAIDS special World AIDS Day page, beginning in November.

この記事へのコメント