『セックスワーカーの生命、自由、尊厳に対する憲法上の権利の尊重を命じたインド最高裁決定を歓迎』 UNAIDSプレス声明



(解説)インド最高裁が5月19日、セックスワーカーの権利を尊重するよう命じる決定を明らかにしたことに対し、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が6月17日付けで歓迎のプレス声明を発表しました。
 声明の中でUNAIDSのインド事務所長は「この歴史的決定は、多くの人の命を救い、2030年までに公衆衛生上の脅威としてエイズを終わらせるという目標に向けたインドの前進を助けるでしょう」と次のように語っています。
 「社会的に排除されがちな人たちの安全と人権をまもることが、HIVサービスの利用を拡大して治療につながる人が増え、新規感染を減らすことになります。HIV対策を促進するエビデンスは明らかです」
 法律用語をどう訳したらいいのか、分からずに混乱をきたしていますが、とりあえず日本語仮訳です。

セックスワーカーの生命、自由、尊厳に対する憲法上の権利の尊重を命じたインド最高裁決定を歓迎 UNAIDS
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2022/june/20220617_India_sex_workers_rights
ジュネーブ 2022年6月17日 インド憲法の下でセックスワーカーの幸福と基本的人権の保護を命じたインド最高裁の決定をUNAIDSは歓迎する。
 「この歴史的決定は、多くの人の命を救い、2030年までに公衆衛生上の脅威としてエイズを終わらせるという目標に向けたインドの前進を助けるでしょう」とデビッド・ブリッジャーUNAIDSインド事務所長はいう。「社会的に排除されがちな人たちの安全と人権をまもることが、HIVサービスの利用を拡大して治療につながる人が増え、新規感染を減らすことになります。HIV対策を促進するエビデンスは明らかです」
 2010年刑事控訴第135号、ブッダデブ・カラマスカル対西ベンガル州訴訟の判決で、最高裁は、警察など関連当局に対し、セックスワーカーの権利について確認する訓練を受けなければならないと命じた。判決はまた、性的暴力を経験したセックスワーカーが保護および支援サービスへの完全なアクセスの権利を有していることを確認し、一般の人が利用できる手順およびプロトコルへのアクセスを損なう慣行を終わらせるよう求めた。コンドーム所持を犯罪として扱うべきではないことも確認している。また、居住証明のないセックスワーカーには、貧困緩和支援に必要となるAadharカードを発行するよう当局に指示した。さらにセックスワーカーのプライバシーをまもるためのメディアガイドラインを作成すること、裁判を受ける権利を含む法的権利についてセックスワーカーが確実に情報を得られるようにすることも求めている。
「最高裁の勧告にすべての人、とりわけ警察と報道機関が従うことを期待します」とダーバーマヒラサマンワヤ委員会のバハラティ・デイ元秘書官とビシャカ・ラスカー代表はいう。「勧告によりセックスワーカーに対するスティグマと差別がなくなってほしい」
 セックスワーカーは、社会的に排除されがちな他の人たちと同様、犯罪化やスティグマ、差別の対象とされることから、保健など重要なサービスの利用が困難になることがしばしばある。今回の最高裁判決は、HIV治療・予防・ケアのサービスへのアクセスを拡大し、エイズ・パンデミック終結に導くには、エビデンスに配慮し、人を中心に据えたアプローチの重要性を強調している。
インド最高裁は過去10年、社会から排除されがちなコミュニティの権利を擁護、支持し、ヒジュラや他のトランスジェンダーの人たちを第三の性として認め、HIV関連の差別を非合法化し、合意に基づく同性間の性関係を犯罪とみなす刑法の規定を撤廃するうえで重要な役割を果たしてきた。


UNAIDS welcomes India’s Supreme Court order that the constitutional right of sex workers to life, liberty and dignity must be respected
GENEVA, 17 June 2022—UNAIDS applauds the decision by the Supreme Court to issue directions on protecting the wellbeing and fundamental rights of sex workers under the Indian constitution, including the right to life and liberty with respect for an individual’s dignity.
“This historic order will save lives and help India advance towards the goal of ending AIDS as a public health threat by 2030,” said David Bridger, UNAIDS Country Director for India. “The evidence is clear— protecting the safety and human rights of marginalised people expands access to HIV services, accelerating progress in the response to HIV by increasing the number of people on treatment and reducing new infections.”
In its ruling in Budhadev Karmaskar versus the State of West Bengal, Criminal Appeal No. 135 of 2010, the Supreme Court has issued directions that the police and other relevant authorities should receive appropriate training to ensure that they are aware of sex workers’ rights and ensure they are upheld. The ruling also calls for sex workers who experience sexual violence to have full access to protection and support services, ending practices that undermine access to existing survivor-friendly procedures and protocols available to the general population. The directions confirm that the possession of condoms should not be treated as a criminal matter. They also direct the authorities to issue Aadhar cards, key for accessing poverty alleviation support, to sex workers who are unable to provide proof of residence; and require the development of media guidelines to protect the privacy and confidentiality of sex workers, and to ensure sex workers are informed about their legal rights, including the right to justice.
“We hope that all the recommendations made by the Supreme Court will be followed by all, especially the police and the press, as reflected in the ruling,” said Bharati Dey, Ex-Secretary, Durbar Mahila Samanwaya Committee, and Bishakha Laskar, President of the Durbar Mahila Samanwaya Committee. “We hope that the recommendations will diminish stigma and discrimination experienced by sex workers.”
Sex workers, along with other marginalized communities, often find it difficult to access essential services, such as health, because of criminalization, stigma and discrimination. This ruling further underlines how evidence-informed, people-centred approaches are key to widening access to HIV treatment, prevention and care services, and to ending the AIDS pandemic for everyone.

The Supreme Court of India has played a significant role in protecting and upholding the rights of marginalized communities over the past decade, granting hijras and other transgender people the right to recognition as a third gender, outlawing HIV-related discrimination, and striking down the provision in the Penal Code that criminalized consensual same-sex sexual conduct.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック