『Unbox Me』キャンペーンを開始 UNAIDS

 Unboxには「箱から取り出す」とか「取り除く」といったどこか否定的なニュアンスがありますが、最近は「包みを解いて箱から取り出し、良さを確かめる」という感じで新製品の宣伝にも使われ肯定的な語感で使われることもあるそうです。
 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は『国際トランスジェンダー認知の日』の3月31日に先立ち、『Unbox Me』キャンペーンを開始しました。3月30日付プレス声明の日本語仮訳。トランスジェンダーの子供たちの権利を擁護し、《子供の時の性自認について、親や教師、さらにより広いコミュニティが認識を深めるためのキャンペーン》ということです。
 
  ◇
トランスジェンダーの子供たちの権利をまもるUnbox Meキャンペーン
を開始 UNAIDS
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2022/march/20220330_unbox-me

ジュネーブ 2022年3月30日 『国際トランスジェンダー認知の日』の3月31日に先立ち、国連合同エイズ計画(UNAIDS)は、子供の時の性自認について、親や教師、さらにより広いコミュニティが認識を深めるための運動を開始しました。
 Unbox Meキャンペーンは、トランスジェンダーの子供たちの権利を擁護するものです。ほとんどの子供たちは、小さな宝物を安全に隠せる小箱や秘密の隠し場所を持っています。それが大好きなのです。宝物で、その子のことが分かります — 自分が誰で、何が好きなのか、そしてどんな夢があるか。しかし、トランスジェンダーの子供たちにとって箱の中に宝物を隠すことは、承認されそうもない自らのアイデンティティを周囲の目から隠す手段になることもあります。Unbox Meの目的はトランスジェンダーの子供たちが認知されることです。包含と受容を呼びかけるキャンペーンなのです。
 インドではトランスジェンダーの人たちの90%以上が、15歳までに家を出るか、家から放り出されています。その結果、多くの人がお金もなく、教育も受けずに路上で生活せざるを得なくなり、セックスワークに頼ることもよくあります。キャンペーンはインドで始まったものですが、受容と包含というテーマは普遍的です。
トランスジェンダーの人たちは世界中で疎外され、差別や暴力を受けています。その結果、HIVに感染するリスクは他の成人より34倍も高いのです。トランスジェンダーの人たちを犯罪者とみなす国は世界で24カ国もあります。たとえば、COVID-19の流行の初期にロックダウン政策をとった国の中には、性別による移動許可日を設けたところもあり、「間違った」日に外出するトランスジェンダーの人たちを逮捕しています。
スティグマと差別、犯罪化は、トランスジェンダーや多様なジェンダーの人たちの存在を見えなくしてしまう傾向があり、極端なかたちの差別が多様なジェンダーの人たちの存在を否定することにさえつながります。
キャンペーンは、UNAIDSが広告代理店FCBインドと進めているコラボレーションの一部です。UNAIDSは昨年、FCBと提携し、短編フィルム『The Mirror』を公表しました。女性としてドレスアップし、鏡を見る少年についての#SeeMeAsIAmキャンペーンの一環です。このフィルムは、子供の頃の性自認について、親や教師、そしてより広いコミュニティが認識を深めることに役立ちました。このフィルムを踏まえ、Unbox Meは、自らの性自認を否定されているトランスジェンダーの子供たちの現実について、家庭で考えてもらうことを目指しています。
キャンペーンを考え出したFCBインドのスワティ・バタチャラヤ制作局長は「インドの子供たちは、最も大事なものを保管する箱を持っています。トランスジェンダーの子供たちの場合、その最も大切なものが性に関する社会的な規範にあわないので、その箱の中身を隠さなければなりません」と説明しています。
 UNAIDSは、世界中のトランスジェンダーのコミュニティ、市民社会組織、政府と協力して、トランスジェンダーの人たちを犯罪の対象とみなさないこと、そして権利をまもり、健康や教育、社会保護を受けられるようにすること、虐待や搾取を受けないようにすることに取り組んでいます。
「私たちの多くは自らの性自認を当然のこととして受け止めています。でも、子供たちにとって、ことはそう簡単ではありません。毎日が生存をかけた闘いなのです」とUNAIDSのマヘシ・マハリンガム局長(コミュニケーションとグローバルアドボカシー担当)はいう。「世界中の子供たちが、自らのアイデンティティを自由に表現できるように支援する必要があります」
インドのUnbox Meキャンペーンは教育界の支持を集めています。全国の学校の先生が、性自認についての意識を高めるために、キャンペーンで取り上げている箱を会話のきっかけに使っているのです。
映画監督のゾーヤー・アクタルさん、テレビキャスターのバルカ・ダットさんなど多数の著名人やコミュニティリーダーもUnbox Meキャンペーンに参加しています。
 UNAIDSはこのキャンペーンを世界に広げていきます。キャンペーンへの参加希望や意見はUNAIDS(Communications@unaids.org)へ。


UNAIDS launches Unbox Me to advocate for the rights of transgender children

GENEVA, 30 March 2022—In the lead-up to the International Transgender Day of Visibility, on 31 March, UNAIDS has launched an initiative to raise awareness among parents, teachers and the wider community about gender identity during childhood.
The Unbox Me campaign advocates for the rights of transgender children. Most children love to have boxes or hidden places in which they can hide precious trinkets or prized possessions safely and securely. The hidden objects can reveal a lot about the child—who he or she is, what he or she likes and what his or her dreams are. For some transgender children, this act of hiding treasures in a box becomes a way of hiding their identity from disapproving eyes. Unbox Me is about giving transgender children visibility. It is a call for inclusion and acceptance.
In India, more than 90% of transgender people leave their homes or are thrown out by the age of 15 years. Inevitably, many live on the street with no money or education, often relying on sex work. Despite the campaign originating from India, its theme of acceptance and inclusion is universal.
Transgender people around the world are often marginalized and experience discrimination and violence. As a result, transgender people have a 34 times greater risk of acquiring HIV than other adults. Up to 24 countries in the world criminalize or prosecute transgender people. For example, early in the COVID-19 response, some governments instituted gender-specific mobility days during lockdowns, which resulted in arrests against transgender people out on the “wrong” day.
Stigma, discrimination and criminalization tend to make transgender and gender-diverse people invisible, with extreme forms of discrimination leading to even the denial of the existence of gender-diverse people.
This campaign is part of an ongoing UNAIDS collaboration with advertising agency FCB India. Last year, UNAIDS partnered with FCB and released a successful short film, The Mirror, as part of the #SeeMeAsIAm campaign about a young boy looking in the mirror and dressing up as a woman. The film served to raise awareness among parents, teachers and the wider community about gender identity during childhood. Building on the film, Unbox Me seeks to bring home the reality of the many transgender children who are denied their true identity.
Swati Bhattacharya, FCB India’s Creative Chairperson, who conceptualized this campaign, said, “In India, children usually have a box which they use to store their most precious possessions, but in the case of transgender children they need to hide their box of treasures, since some of their most precious possessions don’t fit the gender norm that society expects them to conform to.”
UNAIDS works closely with the transgender community, civil society organizations and governments all around the world to decriminalize transgender people, secure their rights and ensure that they have access to health, education and social protection and that they are protected from abuse and exploitation.
“Many of us take our gender identity for granted, but for many children it is not so easy. It’s a matter of daily survival, a daily struggle,” said Mahesh Mahalingam, the UNAIDS Director of Communications and Global Advocacy. “Children all around the world must be supported in expressing their identity freely.”
In India, the Unbox Me campaign has garnered support among the education community. Teachers in many schools across India are using the boxes featured in the campaign as a conversation starter to raise awareness about gender identity.
Many prominent personalities and community leaders have also participated in the Unbox Me campaign, notably Indian film director Zoya Akhtar and television anchor Barkha Dutt.
UNAIDS is now extending the campaign to the global level.

If you would like to participate in the campaign or share your thoughts, contact UNAIDS at Communications@unaids.org.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック