『世界のエイズ対策は偉大なチャンピオンを失う』 UNAIDS

 南アフリカのデズモンド・ツツ元大主教が12月26日、ケープタウンで亡くなりました。同日付のUNAIDS公式サイトに掲載された追悼のプレスリリースです。

世界のエイズ対策は偉大なチャンピオンを失う
 デズモンド・ツツ大主教の訃報に接し、UNAIDSは深い悲しみに沈んでいます

ジュネーブ12月26日 南アフリカでアパルトヘイトと戦い、世界の人種差別や不公正と闘い続けたデズモンド・ツツ大主教が亡くなりました。UNAIDSはいま深い悲しみの中にいます。大主教はエイズとの闘いにおいても強力な声であり続けました。拒絶と闘い、すべての人が治療を受けられるよう求め続け、HIV陽性者への差別に反対し、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人たち、女性、子供たちの人権を擁護したのです。その功績がHIV・結核の予防と治療について世界的な考え方を大きく変え、多くの人の命を救うことになりました。
 「巨星墜つ。ツツ大主教は自由の闘士であり、聖人であり、アフリカ解放の歴史を作る偉大な英雄でした」と国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ事務局長は語っています。「他のほとんどの人ができない方法で、不当な現実に世界の注意を喚起する先導的な光であり、HIV陽性者、エイズに影響を受けている人たちの権利の擁護者でした。彼が示した道、彼がこの世界にもたらした希望のおかげで、何百万もの人がいま、自由に生きていられるのです」
 ツツ大主教は、南アフリカにおけるエイズ否認主義に終止符を打つよう呼びかけました。彼は生命を救う治療薬へのアクセスを確保するために闘いました。製薬会社に対し「医薬品特許法は利益でなく、人びとを中心にしなければならない」と語り、エイズ治療薬を入手しやすくするよう呼びかけたのです。彼はまた、同性愛者の権利擁護の先頭にも立ちました。人間の愛のかたちを犯罪として扱う法律をアパルトヘイトになぞらえ、「明らかに間違っている」と語っています。
デズモンド・ツツ大主教は、思春期の少年少女および若者のHIV感染予防の重要性を擁護してきました。2011年にはHIV予防に関するUNAIDS委員会の共同議長を務め、HIV予防の大胆な世界目標を設定しました。彼はエイズ対策のリーダーシップをとる若者たちを称えました。ロベン島で若いリーダーたちとHIV予防に関する会合を開いたときには「大胆かつまっすぐな行動が必要です。次の世代のリーダーたちが、その態度と行動に前向きな変化をもたらすことを期待しています」と語っています。
「UNAIDSは友人であり、指導役であり、先生である人物を失いました」とビヤニマ事務局長は述べています。「私たちの思いはいま、彼の家族、南アフリカの人びと、そして彼が触れあい、より良い人生を得た世界中の多くの人びとと共にあります」



The global AIDS response has lost a great champion
UNAIDS is deeply saddened at the passing of Archbishop Emeritus Desmond Tutu

GENEVA, 26 December 2021—UNAIDS is deeply saddened at the passing of Archbishop Desmond Tutu who fought against apartheid in South Africa and combated racism and injustice worldwide. He was a powerful voice in the fight against AIDS, combating denial, demanding access to treatment for all, calling out against discrimination of people living with HIV, and championing the human rights of lesbian, gay, bisexual and transgender people, women, and children. His work on HIV and tuberculosis prevention and treatment changed global paradigms and saved many lives.
“A giant has fallen. Archbishop Tutu was a freedom fighter, a holy man, a great hero who played a history-shaping role in the liberation of Africa,” said Winnie Byanyima, Executive Director of UNAIDS. “He was a leading light who brought global attention to injustice in a way few others could and a champion for the rights of all people living with and affected by AIDS. Millions are alive and free today because of the path he charted and the hope he brought to this world.”
Archbishop Tutu was outspoken in calling for an end to AIDS denialism in South Africa. He fought for access to lifesaving medicines. "People, not profits, must be at the centre of patent law for medicines," he said while calling on pharmaceutical companies to make AIDS medicines accessible. He was also a champion of rights of gay people. He likened laws that criminalize forms of human love as apartheid laws—”so obviously wrong”
Archbishop Desmond Tutu was an advocate for preventing HIV infection in adolescents and young people. He co-chaired the UNAIDS commission on HIV prevention in 2011 that led to setting bold global targets for HIV prevention. He extolled on young people to take on the leadership on AIDS. “Bold and honest actions are needed, and we look to the next generation of leaders to bring about positive change in attitudes and actions,” said Archbishop Tutu while speaking with young leaders in Robben Island on HIV prevention.
“UNAIDS has lost a friend, guide and mentor,” said Ms Byanyima. “Our thoughts are with his family, the people of South Africa, and many around the world whose lives he touched and changed for the better.”

.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック